ストレスと便秘は関係がある?

便秘に限らず様々な病気の原因として挙げられている「ストレス」ですが、便秘の原因としてストレスも大きく関係しています

ストレスは様々な臓器に悪い影響を与えますが、中でも胃や腸にはすぐにでも影響があり、その症状の出方も顕著です。

便秘に直接関係ある腸なのでストレスは大いに関係があるというのは想像することも出来ると思います。

ただ、多くの人はストレスなどがある場合には「下痢」になるイメージが強いと思います。割合的には下痢になる人のほうが多いですが、便秘になる人も少なくはありません

旅先に出て便が出ないという経験がある人もいるのではないでしょうか?それは知らず知らずのうちに慣れない環境や習慣が異なる状況によりストレスを感じて便秘になっている可能性もあるのです。

そもそも「便秘」も「下痢」も腸が正常に動いていない事で起こりうる事です。その腸は胃と同様にストレスの影響を受けやすいのです。

ストレスにより腸が正常に作動しなければ便秘になってしまうのもうなずけます。万病の元でもある「ストレス」ですが腸に直接かかわる便秘の症状は正にストレスは直結した原因となりうるのです。

心の問題と便秘は一見関係なさそうに見えて実はつながりはかなり深いと言えます。


便秘の原因になりうるストレス

便秘の原因に「ストレス」の可能性がある事はご理解頂けたと思いますが、ストレスは心の問題だけではありません。

体が疲れていたりするのもまた、ストレスなのです。精神的ストレス肉体的ストレスがある事は知っておかなければなりません。

肉体労働で疲れ果てた体椅子に長時間座っての仕事などは肉体的にストレスを感じている可能性があるのです。

もし、そのストレスが便秘として症状が現れたのなら、少しでも早くその状況を解決しなければなりません。

また、暴飲暴食、寝不足、不規則な生活なども同様に体に負担をかけている状態であり、意外な所では薬の服用も肉体的ストレスとなっている可能性もあります。

とは言っても、やはり便秘は精神的ストレスのほうが多いものです。

仕事上の責任、プレッシャーなどのストレスから家族、恋人、友人、会社や学校の人間関係で不安や悲しみ、または怒りや不満など様々な感情によりストレスを感じることはあると思います。

特に不安や恐怖といった感情は強くストレスを感じるものです。

精神的、肉体的共に、現代社会でストレスを全く無しで生きていくことは難しいことかもしれません。目に見えることが出来ないストレスですが、強いストレスと弱いストレスがあります。

強いストレスを出来るだけ避けるようにしていかなければなりません。ストレスとは生まれてきた瞬間から暑さ、寒さ、不快感などから感じるものだと言います。

無に出来ないストレスをどのように軽減させるかが重要なのです。


ストレス性便秘のチェック診断

便秘を治すためにはまず、自分の便秘を知らなければなりません。便秘にもいくつか種類があり、それぞれ治療方法は異なります。

自分の便秘がストレス性なのかを判断する基準があります。もちろん勝手な自己判断で診断してはいけませんが、ストレス性の便秘の特徴くらいは知っておいたほうが良いかもしれません。

ストレス性の便秘は下痢と紙一重です。下痢と便秘を繰り返している状況はストレスが原因である可能性が出てきます。

そして、一般的に痙攣性便秘=ストレス性便秘とも呼ばれウサギの糞ような小さくて丸っこい便が出るのが特徴です。また、強い腹痛があるのに便が出ないという状況も痙攣性便秘にはありがちです。

【ストレス性便秘の特徴】
・ウサギの糞ような小さくて丸っこい便が出る
・強い腹痛があるのに便が出ない
・便秘と下痢を交互に繰り返す

上記の症状がある場合にはストレス性便秘(痙攣性便秘)である可能性があります。自己判断せず一度、病院に相談してみましょう。


ストレスにより自律神経が乱れて便秘になる

便秘は自律神経が乱れる事でも起こります。しかし、自律神経とはどのような神経なのかを詳しく説明してみたいと思います。

自律神経は一言でいえば自分の意思でコントロールできない神経です。

例えば代謝や消化など循環器や消化器、呼吸器などを調整している神経です。この自律神経は交感神経副交感神経があります。

交感神経は活動している時に活発になる神経で、副交感神経が睡眠時や休息などリラックスしたときに活発になる神経のことです。

この二つの神経のバランスが乱れたときに様々な器官が正常に働かなくなるのです。

自律神経は睡眠時も含め24時間働き続けますがバランスが崩れれば自律神経失調症となり不眠症や頭痛、息切れ、動悸、めまいなどなど・・・の症状が起こります。その一つに便秘という症状が現れるのです。

この自律神経が乱れると便秘になるメカニズムは腸もこの自律神経がコントロールしていますが腸が痙攣をはじめ蠕動運動に支障が出るのです。

痙攣すれば腸自体は活発になり過ぎてしまい便が肛門にたどり着く前に内側に戻るという状態を作り出してしまいます。その結果、便が肛門に到達せず便秘になってしまうという仕組みです。


ストレス性胃腸炎の症状で便秘

ストレスは胃や腸にダイレクトに症状を与えます。確かな胃痛や胸やけ、便秘や下痢などの症状がありながら病院の検査ではまったく異常が無い場合には過敏性腸症候群慢性胃炎神経性胃炎といった「ストレス性胃腸炎」と診断されます。

ここで言う異常とは「潰瘍」や「ガン」といったものです。それらで無い場合にそう診断されます。

ストレス性胃腸炎では腸の蠕動運動に異常が出て慢性的な腹痛を伴う下痢や便秘を引き起こすのです。下痢と便秘を交互に起こる人も多くいます。

ストレス性胃腸炎の場合、多くは便秘では無く下痢を起こすことが多いのですが、腸内環境に異常があるという事で便秘になる事もあるのです。

下痢同様に腸が正常な働きをしていなければ便秘になる可能性があるという事です。

また、下痢を経験したからこそ便秘になってしまうという事も考えられます。下痢で悩んでいるくらいなので食欲もなくなる事が多く便を作る素材が減少し便秘になるということもその理由の一つです。

また、下痢を抑えるために水分を取らないようにすると便から水分が奪われて固くなり出にくくなるという悪循環になってしまう場合もあります。

下痢や便秘、腹痛以外では体がだるい、頭が重い、疲れやすくなるといった症状も現れる事もあります。

しかし検査では異常が認められないのがこのストレス性胃腸炎の特徴で、そのストレス性胃腸炎の症状の一つが便秘というわけなのです。


ストレスによる便秘の薬

ストレスからくる便秘は便秘の種類としては「痙攣性便秘」です。この痙攣性便秘に対する薬を処方される事になります。

そして、原因でもあるストレスを和らげる目的である薬の抗不安剤である自律神経に働きかける薬です。

一般的に便秘の薬と言えば蠕動運動を促すために、腸を刺激する薬を用いられるのですが、この痙攣性便秘はまったく逆で刺激与えてはいけません

その為便秘の薬も違ってくることを理解しておかなければなりません。自分の判断で市販薬を購入すると逆効果になる可能性があるのです。

また、便秘という状況を治すためにはやはり原因であるストレスを減らす、腸内環境を整えることが目的でなければなりません。薬はあくまでも一時しのぎでしかありません。

薬を飲んでも原因のストレスが無くなるわけではありません。腸の痙攣が無くなる訳ではありません。薬で一時的に症状が治まった所で根本的な解決には残念ながらならないのです。

薬に頼らないようにすることが重要ですが、軽い内に使用し素早く治すという考え方もあります。より深刻になる前に対処することも大切です。

何より薬を慢性的に使用し、薬なしでは便が出来ない体にしない事を念頭に置くべきなのです。痙攣性便秘の治療は生活習慣を改善が何より有効です。


便秘をストレス解消で治す

ストレスの原因は仕事、恋愛、お金、友達、親族関係など人間関係、実に多種多様ですが、このストレスを放置し、便秘の症状を放置することは正常に作動しなくなった腸を放置することと同じです。

より深刻な便秘へと発展してしまう事にもつながります。

ストレス性の便秘の解消はやはり根源であるストレスを解消しなければなりません

一言でストレスと言っても様々な要因でストレスを作り上げてしまいますので原因を追究するのは難しいかもしれません。

ストレスは同様の事があっても人によって受け取り方は大きく異なり性格的な要因も少なくは無いので一概には言えませんがとにかく体も心もリラックスできる状態にしなければなりません。

ストレスを抱える人も多く、その解消法は様々です。ゆっくり温泉につかるのもストレス解消ですし、アロマ、音楽などでリラックスなど趣味やゆったりとした時間などの休養でストレスを解消するという方法が一般的です。

ただ、ストレス解消法は自分の趣味嗜好なども関係する事なのでその方法は人それぞれです。



とにかく忙しい状況を排除してゆったりとくつろぐ事が基本です。しかし、中には休養をすることで不安になりストレスを強く感じてしまう人もいます。

そんな場合にはまず、休養は何より最優先で大事という事を認識しなければなりません。

ストレスは便秘だけでなく様々な病気を誘発すると言われているのでそのストレスを排除する事の重要性を再認識しなければなりません。

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)