便秘に効果のある飲み物について

便秘に効果のある飲み物は、とても気軽に摂取できます。毎日のことなので、まずいものは続きません。そこで味のよい飲み物というと、やはりジュース類は人気があります。

リンゴ、トマト、プルーンは便秘に強力な効果があるので、同じジュースを購入するならこれらがおすすめです。

また青汁も便秘効果の高い飲み物です。しかし青汁は味に違いがあります。昔の「まずーい、もう一杯」というCMのように青汁=まずいという時代ではなくなりました

自分の好きな味のものを選ぶのもいいかも知れません。通販ではお試しサイズのものなどがあるので、まずさまざまな青汁を飲んでみて選ぶといいのではないでしょうか。

また最近ダイエットや便秘解消におすすめのゴボウ茶も人気です。ゴボウ茶はサポニンが豊富なので脂肪やコレステロールの分解を助けてくれます。

脂肪が分解されることで排便のガスの発生なども少なくなります。またゴボウ茶の成分であるイヌリンは、整腸作用も高いため便秘効果も抜群なのです。

他にも日本人の腸内にピッタリの甘酒も人気です。アルコール分なしの麹から作った甘酒には、植物性乳酸菌がとても豊富に含まれています。また食物繊維も豊富です。

植物性乳酸菌は味噌や漬け物に多く含まれている乳酸菌。日本人は味噌や醤油、漬け物を多く食べてきた歴史があるため、体質的にも植物性乳酸菌はとても相性が良いと言われています。

そしてヨーグルトなどに含まれている動物性乳酸菌よりとても強い乳酸菌なので、腸内に長く棲みつくとも言われているのです。


便秘解消法には水の補給も重要

便秘の原因には水の不足という問題があります。人間が必要な水分は約1.5~2リットルと言われています。

この量を目安に飲むようにしたいものですが、2リットルというと「そんなに飲むの?」と感じる人もいるかも知れません。

そう感じた人はもしかしたら水分不足の可能性があるかも……。食事の汁ものを考えても1.5リットルは飲みたいところです。

女性の場合、生理の関係で排卵から生理までの間を黄体期と言い、体が水分を溜め込もうとするため、その分多くの水を摂取しないと便が硬くなって便秘になります

黄体期には普段よりもう少し多めに飲むということになるので、結構量を飲む必要があります。

また生理に関係なくても水分補給が少ない人は、どうしても便が硬くなって便秘になりやすいということが言えます。

では水分の摂り方ですが、まず朝起きたときに一杯の水を飲むという方法があります。目覚めてすぐの一杯は内臓を起こすことにもなり、腸まで刺激が行くのでぜん動運動も起こるのです。

また便秘のために食物繊維を多く摂る分、水分もしっかり摂るようにしなければなりません。つまり食事のときもお茶をもう一杯、意識的に飲むようにしたいものです

便秘の要因には水分不足もありますが、摂取する水分は何でもいいとは言えません。例えばカフェインが入っているものを多く摂ることは便秘にとって厳禁です。

炭酸水は内臓を刺激して腸のぜん動運動を促進します。水ならミネラルウォーターがよりおすすめです。牛乳は乳糖やオリゴ糖が腸内環境を良くしてくれます。

スポーツドリンクは効率的な水分補給が期待でき、麦茶はお水のみが好きでない人にはおすすめです。

また硬水と軟水がありますが日本の水道水は軟水です。便秘解消法には硬水の方がより効果があるとも言われていす。

硬水は海外のミネラルウォーターが硬水ですが、マグネシウムやカルシウムなどのミネラル分がたっぷり入っています。

マグネシウムは便の水分量を増やす効果があるとも言われています。しかし、水道水であっても十分なので水分補給をしっかり行うようにしましょう


便秘解消のため寝る前に飲む飲み物は?

便秘解消のための飲み物は寝る前に飲む方が、効果があると言われています。しかしなんでも寝る前に飲めばいいというものではありません

腸は寝ているときにしっかり働いてくれます。そのときに代謝が低下していると腸の働きは低下してしまいます。

そのため代謝を落とすようなものを飲むのは避けなければなりません。どのように便秘に良いものでも、冷たいものはあまりおすすめできません。

少量なら問題ありませんが、多めに飲む場合は避けるようにしましょう。

例えば夜トマトダイエットなどで人気になったトマトやトマトジュース。トマトには便秘を解消する成分が豊富で、500~1000mlのトマトジュースやトマト大2つ程度食べると便秘解消にもお勧めですが、体を冷やすので寝る前は避けた方が良いでしょう。

しかし逆に体を温め内臓の働きを良くする飲み物は、寝る前に飲むと便秘解消効果があります。特にホットミルクはとてもおすすめです。

牛乳には乳糖成分と言い、腸内の善玉菌の栄養素となるものです。それによって悪玉菌の増殖が抑えられ善玉菌が優位となります。

他にもヨーグルトを人肌に温めて飲むのもおすすめです。乳酸菌が過熱によって死んでしまっても、こちらもミルクと同じように腸内の善玉菌の餌となるので効果は十分あります。

そしてこれらは代謝を高めるため、ダイエット効果もあります。またスムーズに睡眠に入ることもでき、ホルモン代謝も高めてくれるのです。そのため便秘解消とダイエットと美肌などにも効果があると言われています。


子供や妊婦の便秘解消飲み物

便秘は誰にでも起こる症状ですが、特に妊婦や子供はあまり下剤を使いたくありません。そこで妊婦や子供の便秘解消飲み物をご紹介しましょう。

まず便秘を解消するには食物繊維をたっぷり摂ること、腸内の善玉菌である乳酸菌などを摂る。そしてその善玉菌の餌を摂取することもいいでしょう。

そのように考えると食物繊維としてはリンゴやバナナ、プルーン、トマトなどのファイバーいっぱいのジュースなどがあります

また腸内の善玉菌を摂取することを考えると、やはりヨーグルト系のドリンクや乳酸菌ドリンクなどがおすすめです。

飲むヨーグルトや乳酸菌ドリンクでもそれぞれの特徴があり、免疫を高める効果や整腸効果の高いものなどがあります。便秘解消が目的なら、それに特化したドリンクを選ぶといいでしょう。

また麹から作る甘酒はアルコール分もなく、子供も妊婦も安心して飲むことができます牛乳や豆乳に混ぜて飲むと抜群の便秘解消効果があります。

そして善玉菌の餌ということを考えると、オリゴ糖やハチミツがおすすめです。これらを温かいミルクや紅茶などに入れて寝る前に飲むと次の朝の排便が期待できます。

温かいものは腸の働きも活発になるので、便秘解消には特に良いと言われています。

また妊娠中はプロゲステロンが優位になっているので、どうしても水分を体内に吸収しやすくなります。そのため水分補給も意識をしなければなりません

また子供も思ったより汗をかくため、水分補給は同じように大切になります。


便秘解消飲み物・ココア

ココアは便秘解消におすすめの飲み物です。ココアに含まれるリグニンは、腸内で善玉菌の増殖効果があると言われています。

このリグニンは食物繊維と同じように便を大きく膨らませる効果もあるので、ダブルで整腸効果があるのです。

また、ココアのリグニンは便の臭いやガスの悪臭を抑える効果も。効き目はココアを飲んで24時間程度で腸内の増大効果が始まります。

便の臭いやガスの発生は約3~5日後なので、その前にリグニンが便を出してくれるのです。

ココアの飲み方としては、まず普通の粉末タイプのものを選びましょう。またココアには苦味を消すために調味料やナッツが含まれています。

それらのカロリーが結構高いので飲み過ぎは注意し、一日ココアは2杯までにしましょう。そして効果を高めるためには、朝食前の空腹時か寝る前のタイミングに摂取しましょう。

また豆乳や牛乳にもオリゴ糖が含まれています。オリゴ糖は乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌の餌となり、関節的に悪玉菌退治を応援してくれるものです。

そこで牛乳や豆乳をプラスしてココアを作ると、便秘にはダブルで効果が高まります

温かいココアは寝る前に飲むと、体が温まり腸内の働きは活発になるとのこと。そしてホルモン分泌も活発になり、便秘改善と予防にとてもおすすめです。

毎日続けることで毎日の排便のリズムを作ることもできるのではないでしょうか。

寝る前に必ずホットココアを飲んで、朝は忙しくても必ずトイレで10分程度座っているという習慣を付けると、だんだん排便の習慣がつくようになるでしょう。


便秘解消に効果のあるお茶ってあるの?

便秘解消には水分を多く摂ることも大切です。そんなときにお茶を飲み過ぎると、カフェインの多量摂取になるので逆効果と言われています。

お水を飲むのはちょっと飲みにくいと言う人にも、便秘解消効果のあるお茶がおすすめです。ハーブ茶などいろいろなお茶のご紹介をしましょう。

まずマテ茶・プーアール茶・杜仲茶が便秘には効果があると言われています。これらにはマグネシウムが豊富に含まれています。

マグネシウムは腸のぜん動運動を促進させてくれるので、便秘には効果があると言われているのです。

また、黒豆茶、ゴボウ茶、ギムネマ茶などは便秘改善に効果の高い水溶生植物繊維が豊富で、これらお茶の中に多く含まれているので便秘解消に効果があります。

ローズヒップティーハイビスカスティーはビタミンCが豊富なお茶としても知れられています。便秘にはビタミンCも深く関係しています。

オリゴ糖のように善玉菌の元気の素となる餌になるのです。ミントティーは気分もスッキリしますが、このスースーした刺激が腸を刺激して、ぜん動運動を促進してくれます。

またミントの香りでリラックスすることができ、副交感神経が優位となり便意を感じるようになります。特に便意を我慢して便秘になってしまったような直腸性便秘には効果抜群です。

たんぽぽ茶もおすすめです。たんぽぽコーヒーというふうにも言われていますが、たんぽぽの根っこを乾燥させものです。

コーヒーに似た味があるので、コーヒー好きにはコーヒーを少し控えてたんぽぽ茶にしてみませんか。ノンカフェインなので老人や妊婦にもおすすめのお茶となっています。

ルイボスティーも便秘に効果のあるお茶として人気があります。ノンカフェインで、ビタミン・ミネラルが豊富で興奮を抑えてくれる安定効果の高いお茶です。

アフリカのルイボスという豆科の植物からできたお茶で、赤ちゃんにもお勧めのお茶です。

また、昔から日本で便秘に効果のある煎じ茶として、知られているのがドクダミ茶です。今はティーパックなどでも薬屋さんで購入できます。苦味があるのでちょっと子供には嫌われそうです。


便秘解消ならスムージーで

最近、健康や便秘のためにもスムージーが大人気です。スムージーに入れる野菜などは自分の好きなものを入れることができます。

毎日新鮮な野菜や果物やナッツをミキサーにかけてそれを食べるわけです。ジュースよりドロッとした存在感のあるものですが、フルーツなどを入れると美味しく食べられます

さて、このスムージーが便秘解消にとても効果があることは、もちろん誰でも当然分ることかも知れません。

いろいろな野菜やフルーツを、植物繊維のまま摂るわけですから効果がないわけはありません

ジュースはこれらを絞った汁になるので、一番便秘解消効果の高い植物繊維を捨ててしまうことになります。その点スムージーならすべて摂取するので効果は絶大です。

しかしスムージーの場合、食事の変わりに食べるということも多いので、それでは便秘にはおすすめできません

どんなに便秘に良いものでも、腸に入ってくるものが少なければ、腸のぜん動運動は弱くなり便秘になってしまいます。

そこでスムージー1回分に必ずバナナを1本、りんごを半分は入れるようにしましょう。それだけでも相当量が増えます。またバナナやりんごはとても便秘に効果のある水溶性植物繊維が豊富です。

やはり同じスムージーでも、その内容によって便秘対する効果は違いが出てきます。だからこそ便秘に効果のあるフルーツや野菜を使うようにしたいものです。

また市販の粉スムージー使用の場合は豆乳や牛乳でシェイクして、そこにヨーグルトも入れるようにしましょう。

もちろん食物繊維も含まれていますが、自分でつくるスムージーとは違うので、それだけで便秘改善を期待するとがっかりするかもしれません。

例えばバナナジュースを作り、そこに一緒に粉スムージーを入れて攪拌するなど、ちょっと手をかけることが必要になりそうです。

またたまに八百屋さん新鮮なイチジクや洋ナシ、プルーン、ブルーベリーなど季節のものが出たときには、是非スムージーに入れてみましょう

手づくりスムージーにも、粉スムージーにも美味しく飲めるはずです。新鮮なこれらのフルーツも便秘改善には絶対におすすめです。


便秘に効く食べ物で作る飲み物レシピ

便秘に効く食べ物を使って、美味しい便秘解消ドリンクを作りましょう毎日の手づくり野菜ジュースも便秘予防になりますが、便秘になってしまったときには便秘解消目的の美味しいドリンクを作りましょう。

もちろん予防にもなるので、是非参考にしてください。様々な種類のドリンクを作ることが出来るのでフードプロセッサーを一台用意しておきましょう。

バナナジュース
バナナ1本、豆乳100㏄、ヨーグルト大さじ2、ハチミツ適量をミキサーにかけるだけでOK。とても美味しいベリーグッドなバナナジュースの出来上がりです。すべて便秘に効く食べ物なので、絶対におすすめのジュースです。

プルーンとりんごのジュースプルーンとバナナのジュース
プルーンは生はあまり手に入りにくいのでドライフルーツのプルーンを使います。種があれば取るようにしてりんご半分と水半カップ、それにハチミツ少々、プルーン5つをミキサーにかけましょう。

これと同じようにりんごの変わりにバナナにしても、りんごとバナナとプルーンの3つを入れてもとても相性のいい強力な便秘解消ドリンクになります。またプルーンとバナナと牛乳とハチミツも抜群です。

イチジクジュース
イチジクも便秘解消にはとても効果のあるフルーツです。新鮮なイチジクの出回るときにはイチジクと同量の水とハチミツでミキサーにかけて出来上がりです。他にも水の変わりに牛乳も美味しくなります。お好きな方でどうぞ。

ブルーベリーバナナジュース
冷凍ブルーベリーやビルベリーなどとバナナと牛乳や豆乳で、ジュースを作りましょう。甘みはハチミツでお好みです。

分量も適当でOKです。抗酸化作用の高いベリー類は、腸内を元気にしてくれます。そこにバナナで便秘解消ドリンクとしてバッチリです。

寒天バナナジュース
寒天は手づくりでも市販の無糖寒天でもいいのでカップ半杯~1杯、バナナ1本、牛乳カップ1杯、ハチミツでミキサーにかけましょう。

トロッとした美味しさがあります。寒天とバナナで便秘解消には強力にバックアップしてくれそうです。


便秘に効く食べ物を使ったスープレシピ

便秘に効く食べ物を使って、簡単にできる便秘解消スープレシピをご紹介したいと思います。

簡単に、そして徹底的に便秘改善効果の高い食材を使った、緊急便秘解消スープのご紹介です。是非早く便秘を改善したい人におすすめですので参考にしていただければと思います。

キノコたっぷりトマトスープ
便秘のときには特に水溶性植物繊維を多く摂りたいものです。そこでキノコが最適ですができれば、緊急に便秘改善したいときには多く使いましょう。そしてトマトもとても便秘改善効果があるので、ここではトマトジュースを使います。

とり肉と玉ねぎを炒め、そこにキノコをいつもよりずっとたっぷり入れてトマトジュースで煮込みます。水は半カップ程度であとはトマトジュースにしましょう。

できればセロリやその葉っぱを少し入れるとグッと美味しくなります。そしてここにブイヨンと塩コショウを入れて味を調えれば出来上がりです。

キノコはソテーしても意外と飽きてしまう味なのでスープにすると問題ありません。特にキノコとトマトジュースという便秘には強力な食品の組み合わせのスープです。

便秘解消効果抜群和風スープ
便秘効果の高い海藻とキノコを中心とした和風スープのご紹介です。トマトスープと同じようにキノコは思いっきりたっぷりいろいろな種類を入れましょう。

特にぬるぬるのナメコを入れるとより効果的になります。そしてここでは出来上がりに、ワカメをたっぷりとゆでたオクラをたっぷり入れることがポイントです。

オクラもワカメも便秘には強い見方です。まず、かぼちゃと玉ねぎとコンニャクのみそ汁を作ります。そこにたっぷりキノコを入れてちょっとだけ煮ましょう。最後にたっぷりのワカメとオクラを入れて出来上がりです。

なんともシンプルですが、ちょっと甘めの美味しいみそ汁です。もちろんお好みで鶏肉を入れてもOKです。

ここにうどんを入れたらホウトウ風になります。みそ汁もキノコのクセを消してくれるので、たくさん食べやすくなります。


便秘解消のための市販されている飲み物

便秘解消のための市販されている飲み物で、特にドラッグストアで購入できるものは、どのようなものがあるのでしょう。

まずドラッグストアには最近、食品類も多く置かれていますが、その中には便秘解消のための飲み物もたくさんあります

例えばみそ汁の即席カップなどの味噌には、植物性乳酸菌が豊富に含まれているのです。

また甘酒も最近ダイエットに効果があるということから、ドラッグストアにも置かれているところが多くなっています。こちらも植物性乳酸菌が豊富なことで、知られているのではないでしょうか。

植物性乳酸菌は日本人の腸にはとても相性が良く、長期間腸内に定着しやすいとも言われています。他にもコンニャクが原料となったドリンクもおすすめ

コンニャクドリンクはダイエットのためにも飲まれていますが、当然便秘解消、予防にも効果があるドリンクなのです。

またドラッグストアには、健康志向のフルーツ100%のジュースも置いています。便秘におすすめのフルーツではリンゴやプルーンがあり、これらの100%ジュースもおすすめです。

また野菜ジュースも、もちろん便秘解消のためにも健康のためにも良いとされています。またトマトジュースも便秘にとてもおすすめです。

毎日トマトジュースを600㏄飲むと毎日の排便が期待されるとのこと。また便秘解消や予防のためならファイバー入りのジュースも、ドラッグストアには置いてあります。

他にダイエットに人気の酵素ドリンクなども、便秘予防効果があるのでおすすめです。またお茶やコーヒー類は、ドラッグストアでもいろいろな種類が売られています。

これらのカフェインは腸を刺激してくれるため、便秘予防や改善にも効果があります。また水分補給はとても重要なので、気軽に飲めるお茶は十分とるといいでしょう。

またドラッグストアならではのものとして、便秘のために効果のあるごぼう茶やどくだみ茶、明日葉茶、ゴーヤ茶、たんぽぽ茶、黒豆茶なども購入できます。そして忘れてならないのが、青汁ではないでしょうか。


便秘解消のためのコンビニでの飲み物

便秘解消のための飲み物も意外と身近なコンビニでも手に入ります

まず飲むヨーグルトは説明するまでもなく、乳酸菌豊富なヨーグルトを摂取するわけですから、便秘解消にもおすすめです。ただし飲み過ぎは糖分も多いのでカロリーオーバーにならないようにしましょう

次に多くの人が飲んでいるのがコーヒーです。コーヒーに含まれるカフェインが腸を刺激してくれるのでおすすめです。また胃液の分泌を多くするので喫煙との同時摂取は避けましょう。

他にも最近コンビニでも置いてあるところも多くなったのが甘酒です。アルコール分のない甘酒が多いようですが、最近はダイエットにも人気があるため、どこでも手に入りやすくなっています。

甘酒には植物性乳酸菌が豊富で、日本人の腸とは相性の良い乳酸菌と言われているものです。

他にもジュース類も便秘解消に役立つものがたくさんあります。例えばリンゴは便秘に効果のある水溶性の食物繊維と不溶性食物繊維の両方が豊富なため、便秘にはおすすめのフルーツです。

そんなリンゴ100%のジュースは是非便秘にもおすすめのジュースとなります。そういう意味ではバナナジュースも効果が高いジュースです。

牛乳とバナナが腸内環境を良くしてくれるお手伝いをしてくれるでしょう。

野菜ジュースも当然、さまざまな食物繊維も含まれておりおすすめです。プルーンジュースも水溶性食物繊維が豊富で、便秘には効果が高いと言われています。

このように手軽にコンビニでも手に入る便秘解消ドリンクは結構あるものです。またコンニャクドリンクなどもおすすめです。

他にもお茶類はカフェインが腸を刺激するだけでなく、味が強くないので何気無く水分補給をしっかりできるのもおすすめです。そういう意味ではお水も便秘解消のお手伝いをしてくれます。

また日本人ならではのみそ汁パックもおすすめです。味噌には植物性乳酸菌がたっぷり含まれています。他にも寒天ドリンクも、便秘に効果のある水溶性食物繊維が豊富です。

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)