便秘の状態とは?

自分は便秘なのか?1週間、2週間も便が出ないほどの便秘なら自覚しやすいのですが、本当に自分が便秘なのかわかりづらいという人もいると思います。

一般的には3日以上便通がなければ便秘といわれています。

しかし、便秘とは時間軸だけでは決めかねるものでもあります。便の量が少なかったり完全に排便できず腸内に便が残っているような状態で張りや腹痛などがある場合も便秘になるそうです。

また便秘の症状としてお腹の貼りや腹痛だけでなくめまいや吐き気、食欲不振、頭痛、肌荒れなどがある場合もありますので便秘の疑い、可能性を考えてみてください。


慢性的な便秘と急性的な便秘

便秘には大きく分けて2種類あります。それは慢性的な便秘一時的な便秘です。急性的な一時的に起こる便秘はほとんどの人が体験したことがあると思います。

旅行に行った際など環境が変わったり、新生活がスタートした時など一時的なストレスなどで一時的に便秘の状態になるものがそれです。

こちらは、便秘になる原因が割とはっきりしていることが多く生活を改善さえすれば便秘を短期間で解消させることが出来ます

一方、慢性的な便秘には数ヶ月前からの人もいれば、数年の人、幼少期からなど長期間に渡り便秘の状態が続いている人もいます。便秘で悩みまでくる人はこちらに分類される方が多いと思います。

こちらは習慣的な積み重ねにより便秘の症状が出ていることが多いので時間をじっくりかけて改善していくことが求められることが多いです。

ただし、急性的な便秘だと思っていても、いつ慢性的な便秘が始まるか分かりません。便秘だと感じたたらできるだけ早く原因を探り、その原因を排除して便秘を解消させていくことが大切です。

便秘を甘く見ず、的確な解消方法を取り入れ改善させていきましょう。


ストレスに弱い腸

腸はストレスに弱いデリケートな臓器です。自律神経を通じて腸の機能を阻害されるのです。悩みで腹痛などを起こすことからも想像できると思います。

心と便秘は関係しているのです。極度の緊張、過度のストレスを貯めないようにすることは便秘対策としても必要なのです。

逆にそれほどまでにデリケートな腸なのですから、特に気配りをしてあげなければならない臓器なのです。

現代社会でストレスを溜め込まない事の難しさは理解できますが、ストレスをどれだけ発散することが出来るかが便秘に限らず、様々な病気回避にも繋がります。

快便でないと自覚しているのなら、今一度、自分のストレスを考えてみてください。ストレスを開放することで便秘がみるみるうちに解消してくるかもしれません。

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)