女性の便秘はどういう原因があるの?

女性の半数は便秘の悩みを抱えているとも言われています。男性はどちらかというと、便秘と下痢を繰り返すストレス性の便秘が多い中、女性はなぜこんなに便秘が多いのでしょう。男性は圧倒的に便秘になると下痢も起こりやすくなり、女性は下痢よりずっと便秘が多いという症状があるようです。

女性の場合、特に慢性の便秘が多いと言われていますがその理由の1つには、男性と比べ腹筋が弱いことから腸のぜん動運動が弱くなり、力みも弱いことが原因にあるとも言われています。また、女性は冷え性にもなりやすく、全身の代謝が落ちることで腸自体の活気も落ちてしまうのです。そのため腸のぜん動運動が活発にならず、便秘が起こりやすくなります。筋力が弱いことも代謝が落ちやすいことからも、腸の動きは活発でなくなり便秘原因につながります。またトイレに行きたいときに回りを気にして我慢してしまうということも女性はありがちです。このように排便したいというタイミングを我慢をしてしまうことで、排便がしたいという信号が弱くなってしまうこともあります。

他にも女性は生理の関係があり、特に排卵日から生理までの期間は、便秘になりやすい時期とも言われています。女性ホルモンのエストロゲンが減少し、プロゲステロンが多くなる時期は特に便秘しやすい体に変化してしまうのです。そのため生理が始ったと同時に、便秘が急に解消するとい経験をもっている女性は多いのではないでしょうか。

しかしストレスによる便秘は男性が多く、女性は少ないと言われていましたが、最近は女性も多くなってきています。これは女性の社会進出が多くなってきたことから、外的なストレスがとても多くなったためのようです。ストレスの原因を改善するのは自分だけではなかなか難しいものですが、ストレスを解消することは自分でもできます。好きな趣味の時間を持つようにしたり、アロマ風呂などでのんびりする時間を作るなど、それぞれに解消法を考えてみましょう。

便秘になる原因はひとつだけではありません。様々な事が原因で便秘になる可能性があるのです。重大な病気により便秘になることもあり、便秘から重大な病気を引き起こす可能性も否定できません。便秘を放っておくことは様々なリスクを高めます。ここでは病気以外の便秘の原因になりうる項目を紹介していきたいと思います。便秘になりうる原因を知ることにより初めて便秘にならないように注意することが出来ますのでますは生活習慣での原因を知っておきましょう。


便秘の種類と原因を考える

腸内環境はすべての健康にもつながるとまで言われている現在。便秘は腸内環境を悪化させることになってしまいます。そして便秘は腸内環境が悪いということのサインでもあると言われているのです。つまり便秘は健康の大敵ということであり、便秘対策にはその種類や原因を知ることも重要ではないでしょうか。ここでは便秘の種類のご紹介をしながら、同時にその原因も考えていきたいと思います。

機能性便秘という、毎日の生活に原因があって起こる便秘があります。3つの種類がある中で、まず弛緩性便秘は便秘の中でもとても多いタイプです。大腸の筋肉が緩み、便を押し出すことができずに溜まってしまうという便秘です。

これは腸の押し出す力が不足していることが原因で、加齢ということがあります。また腹筋の弱い人に多いとも言われています。他にも内臓の手術などをした人も、この便秘になりやすいようです。他に一番多いのが運動不足です。

特に男性より女性の方が多く、腸のぜん動運動が弱いことが原因となります。また内臓の垂れ下がりが原因の場合もあるとのこと。他にもダイエットなどによって、腸内に入ってくる量が極端に少なかったりすることも原因となります。

また水分不足も弛緩性便秘になることがあるのです。実際に水分補給不足の場合と、女性の場合は生理前になるとプロゲステロンが増えて、水分吸収が多くなるので腸内の水分が少なくなります。そのため女性は生理前一週間程度になると、便秘になりやすいとも言われているのです。

さてもう一つのタイプは痙攣性便秘ですが、この便秘の原因はストレスに深くかかわっています。自律神経が乱れることから、腸のぜん動運動が異常な動きをしてしまうというものです。ストレスを強く感じると異常に激しく腸が動いてしまい下痢を起こします。

症状としては便秘と下痢の繰り返しますが、特に男性に多いと言われている便秘です。しかし最近は女性の社会進出によって、女性もこのタイプになる人が増えているとのこと。下痢をするときには激しい腸の動きのため、とても腹痛が辛いということもあるようです。

他にも器質性便秘というものがあり、排便を我慢してしまったりすると直腸の出口の付近で溜まってしまい硬くなってしまいます。出口に溜まってしまうので、どんどん便秘が悪化することもあります。


ストレスが原因の便秘(便秘の原因はストレスからも起こる)

腸は心ともつながっています。ストレスなどにより自律神経のバランスが崩れると腸の働きが悪くなるのです。過敏性腸症候群とよばれ便秘になる人もいれば下痢になる人もいますが、ストレスによって腸が正常な働きをしなくなるものなのです。日常生活でストレスを貯めないように心がけることが大切です。

普段は便秘に悩まされていない人でも、旅行や友人宅に泊まる、新生活など環境が変わった時に便秘になることがあります。これは一過性便秘と呼ばれ、帰宅したり慣れたりすると自然と排便が元に戻ります。自覚あるなしに関わらずストレスによって起こる便秘ですが、環境に慣れても便秘が治らない場合、慢性的な便秘になってしまった可能性が出てきます。これはストレス以外でも便秘の原因がある事を疑う必要が出てきます。

便秘には痙攣性便秘というものがあり、これは副交感神経の過度の興奮から起こる便秘です。腸内の緊張状態から起こる便秘で、コロコロした便や下痢と便秘を交互に起こすなどの特徴があります。こちらは男性に多いとも言われていましたが、最近では女性もとても多くなったと言われています。痙攣性便秘は自律神経失調症やその傾向にあるときに起こりやすくなります。自律神経失調症はストレスを強く抱えたときに正常に作動しなくなるもので、ストレスを解消することが一番の改善法です。症状としては下痢と便秘の繰り返しのほかにも、だるい、めまい、立ちくらみ、冷え性、頭痛、動悸などが伴うこともあります。

【詳細】ストレスと便秘の関係


水分不足が原因の便秘

水分不足になると便秘になりやすいそうなので適度な水分は補給しておきたい項目です。難しい理由ではありません。水はウンチを柔らかくするのに一役買っています。ウンチが硬くなると出しにくくなるという単純な理由からくるものです。ウンチが硬くなれば腸内での移動がしづらくなりますので結果的に排便しづらくなるので適度な水分は常に補給しておくことが便秘対策には必要になってきます。


運動不足が原因の便秘

便秘と運動は一見、関係ないように思われている人も少なくないと思いますが、運動不足が原因で便秘になる可能性もあるのです。運動により腸が刺激されることにより活発になる効果も期待できます。逆に運動不足だとその刺激がないため、腸の動きも必然的に弱くなり便秘になりやすくなるのです。もっと詳しくいえば、腸が弱まれば腸内に長い間、便が留まることになりますので腸内で便の水分が吸収されてしまいウンチが硬くなりさらに排便しにくくなることから便秘になりやすくなってしまうのです。

運動と言っても、排便は特別なことではありません。激しい運動で鍛え抜く必要は無いのです。少し歩く程度でも効果があるそうです。主に腹筋を鍛えると良いそうですが、厳しい運動を必要とするわけでは無いのです。散歩、ヨガ適度な比較的軽い運動は最低限しておかなければ便秘になる可能性が高くなるというコトなのです。運動をする機会が少なくなる可能性の高い高齢者や女性は意識的に運動を心がける必要があるかもしれません。


ダイエットが原因の便秘

ダイエットは実に便秘に密接に関係する要因ですのでしっかりとした方法で行わなければ便秘になってしまう可能性がありますので注意が必要です。というのもダイエットでの食事制限が大きく関連してくるからです。改めて言いますが便秘とはウンチが出ない状態です。そのウンチを生成する大きな役割を果たすのが食事なのです。

これは量の問題でもあり、質の問題でもあります。栄養のバランスを考えずに食事制限をすれば、主な原因でもある大事な食物繊維が不足し便秘を促してしまうのです。また、脂肪や水分だってウンチを排出するために重要な役割を持っています。食物繊維に限らず、バランスの良い食事を取らなければ快便することは困難なのです。

水分が不足すればウンチが硬くなり、排出しにくくなりますし、脂肪が不足すれば潤滑油なしで排出しようとするようなものなのです。当然、便秘はダイエットを阻害する一つなので便秘になれば目的であるダイエットにとってよろしくありません。ダイエットは健康のために健康的に行う必要があります。


朝食を取らない事が原因の便秘

便秘と食事の関係は密接ですが、特に朝食は非常に重要な役割をします。便秘の原因が朝食を抜く習慣から来ている可能性もあるのです。

腸を活発化させなければならないのですが、朝食時のタイミングがベストなのです。朝食を取ることにより腸が活発になり便意を促してくれるのです。

つまり、逆に朝食を取らない生活を続けると腸を活発化させる絶好のタイミングを逃すことになり、その結果、腸の働きが弱まり便秘になる可能性が高くなるのです。

ダイエットや様々な健康面から見ても朝食というのは大事で例外なくこの便秘解消、便秘回避にも役立っています。


トイレを我慢することが原因

人間の体を知れば知るほど良く出来ていると改めて感心することが多々ありますが、腸も例外ではありません。便意をもよおすのも腸からの大切なメッセージなのです。下痢を説明すればわかりやすく思うのですが、体にとって有害なものをいち早く体の外へ出すために下痢になります。そのため、便意が頻繁に来るのは体を守るための大切な機能なのです。

その大切な腸からのシグナルを我慢することにより無視すれば、腸が鈍感になり大切なシグナルを発しなくなる、または感じにくくなるのです。つまり体にとって有害なものが蓄積される可能性があるということなのです。人の身体は実に良く出来ていますが、さらに学習能力も備わっているということなのです。習慣的にトイレを我慢する人は、体からの大切な命令を常に無視しているということになるのです。

そうなれば体がせっかく送ってくれているメッセージが徐々に感じ取りにくくなってしまうことになるのです。つまり便秘になりやすいという事になります。習慣的にトイレを我慢したために便秘になっていませんか?


下剤を多用することが原因

便秘に対して即効性のある便秘薬ですが、これを多用すると便秘になりやすい体質になるので使いすぎには注意が必要です。本当に必要なときにしか利用しない方が良いのです。腸が便意を促す機能が薬に頼ることによって自ら働らかなくなるのです。体が自然と排便する力がなくなってくるということなのです。下剤とは腸を甘やかす道具だと考えるべきなのかもしれません。例え、下剤のおかげで便意をもよおし、排便できたとしても腸が排便する力を身に付けた訳ではありませんので便秘という病気そのものを解消したことにはなりません。

下剤にだけ頼れば下剤なしには排便できない体になる可能性だってあるのです。そして下剤を使えば体が慣れてしまい、同じ量の下剤を飲んでも効き目がなくなり自然とその量を増やすことによって別の問題も生じてくる可能性もあるのです。なかにはダイエット目的で下剤を活用している人もいるようで、その使用方法だけは絶対に避けるべきです。便秘になればポッコリお腹や排便機能低下でダイエットを阻害することにもなるので本末転倒な状況に陥る可能性だってあるのです。

薬に頼るということはそれなりのリスクが伴うことを自覚しなければなりません。便秘薬、下剤に頼っている人は特に本来、自然と自分の力で便意をもよおし排便しなけばならないものだと再認識しておく必要があります。


便秘の状態によって原因チェック

便秘はとにかく改善することが重要です。便秘はお腹がぽっこり気分が悪いというだけではありません肌が荒れたり、免役力まで落してしまうのです。つまりさまざまな病気への抵抗力もなくなります。そしてもう一つ現代人にはとても注意したいアレルギー体質にもなりやすいのです。だからこそ便秘は少しでも早く改善しなければなりません。

そこで便秘の症状チェックをしてみましょう。どのタイプの便秘もコロコロの便が出ることがあります。特に痙攣性の便秘は下痢とコロコロ便の繰り返しなどと言われていますが、コロコロ便さえも出ずにまた下痢を起こすということもあります。また弛緩性便秘でもコロコロ便が出ることもあります。そして器質性便秘は肛門近くに硬く溜まってしまいますが、少しずつコロコロ便が出ることが多いもの。このように便の状態からではなかなか原因や種類のチェックはできません。そこで他のチェック法をしていきましょう。



例えばまず生理前に起こる便秘は弛緩性便秘と考えられます。また肛門の近くに便を感じ、力むことでほんの少しコロコロ出るが全部はなかなか出ないというときには器質性便秘と言えるでしょう。また下痢と便秘を交互に起こしたり、下痢がちょくちょく起こる場合は痙攣性便秘と思って間違いないでしょう。ストレスが体に影響しているので、ストレス解消しかありません。また排便を何回か我慢した記憶があり、それから便秘になったという場合は器質性便秘と考えられます。毎日の生活リズムをしっかり作るようにしましょう。

また便秘には慢性便秘急性便秘というものがあります。特に便秘の場合は個人差があるので、一週間に2回の排便が便秘だと感じる人と普通と感じる人もいます。しかし3日以上排便がない場合には便秘を考えるようにしましょう。そして急性便秘の場合は一過性なので環境の変化や、急激なストレス、高熱、薬などが原因になります。この場合はその時に起こっている便秘を解消することだけをまず考えましょう。そのままにしておくと次の便秘につなげてしまうこともあるので要注意です。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)