妊娠が原因で便秘になるメカニズム

妊娠すると女性は便秘をしやすくなると言われています。そこにはホルモンの問題などもあります。

妊娠中の女性の7割以上が便秘ということで、ほとんど便秘に悩んでいると言えそうです。

妊娠中は普通の女性である排卵期から生理になるまでと同じく、女性ホルモンのエストロゲンの分泌よりプロゲステロンの分泌が多くなります

プロゲステロンの分泌が多くなると、体内の水分量を保とうとする働きがあり、大腸からも水分を吸収するようになり、それによって腸内が水分不足になり便秘になってしまうのです。

そしてもう一つ腸のぜん動運動も緩やかになってしまい、より便秘になりやすくなってしまいます。その他にも妊娠すると下記の様な原因で便秘になるのです。

子宮の圧迫による便秘
子宮内に胎児が大きくなってくると、それだけ腸を圧迫するようになり、それによって腸のぜん動の妨げになったり、便が排出するために下がっていくときの妨げになったりします。

運動不足
妊娠中はどうしても今までのように運動をしなかったり、生活の中でも体を動かすことが少なくなります。

このようなことが続くと体全体の筋肉が落ちていき腹筋も落ちるので、それが便秘の原因になることもあるのです。


◇◇◇妊娠中の便秘解消法◇◇◇
妊娠中の便秘解消法として、オリゴ糖やヨーグルトを意識的に摂取するようにしましょう。ヨーグルトには腸内環境を良くしてくれる善玉菌が豊富に含まれます。

そしてオリゴ糖はそれらの善玉菌の栄養素となるので、腸内環境がとても良くなるための最高のコンビネーションです。

朝一番で白湯を飲む
朝一番の温かいお湯を飲むと、妊娠中でなくても代謝を高めるので腸の動きも活発になります。また妊娠中は水分も不足するので、意識的にぬるま湯を飲むこともおすすめです。

軽い運動
妊娠中でも無理をしない程度に散歩をするなど軽い運動はやはり必要になります。またマタニティー水泳や水中体操、ヨガなどのレッスンに通うのもいいかも知れません。

トマトジュースを500mlほど飲む
トマトジュースはとても便秘に効果があります。もしトマトジュースが好きなら、1日に500mlほど飲むようにしましょう。便秘解消ができる人がとても多いので、体質に合えば便秘解消におすすめです。


吐き気伴う便秘には妊娠が隠れていることもある

吐き気が伴う便秘というと、一般的には相当便秘がひどいと考えられます。その場合はたまっている便から出る毒素や、胃が押上げられるなどが原因で起こるとことがほとんどです。

しかし、女性の場合は妊娠している場合も便秘と吐き気を伴うことがあります。特に妊娠初期には女性ホルモンの影響で便秘になるのです。

そのうえ妊娠初期にはつわりがあり、この二つの症状が重なって便秘と間違えてしまうこともあるのです。

妊娠と気付かず、便秘のために吐き気がすると思っていたけど、生理が来なくて妊娠に気付いた女性も結構いるのではないでしょうか。

もし妊娠する可能性があるなら、あまり下剤などを飲むことは注意したいものです

下剤によって強い腸のぜん動運動などが起こると腹痛が起こります。それによって初期の妊娠はとても不安定なので、危ない状況になることだってあるのです。

もちろん薬品を投与することも避けたいことです。妊娠の可能性のある女性は、便秘と吐き気が重なったときには十分注意が必要ではないでしょうか。

妊婦にもあまり影響のない便秘薬など、医師に相談して出してもらうこともできます。少しでもおかしいと思ったら産婦人科に相談に行くこともおすすめです。

女性は生理前10日ぐらいから排卵日が始まり、それから生理までは妊娠に備えての体づくりが始ります。

そのときにはプロゲステロンの分泌が優性になるのでホルモンバランスが乱れ、肌荒れが起こったり、便秘が起ったりします。

特にこの時期はプロゲステロンの影響で水分を体内に蓄えようとするので、腸内からも水分が吸収されてしまい便秘が起こりやすくあります。

そのために水分を多く摂ることが改善方法です。妊娠初期はこの状態が続くので水分は多く摂りましょう。

つわりは個人差がありますが、強いつわりの女性の方がすぐにつわりと気付きやすいようです。逆につわりが弱い女性の方が、便秘による吐き気と間違うことが多いようです。


妊婦の腹痛は便秘のせい?

妊婦の初期は黄体ホルモンが多くなっているので、どうしても便秘しやすい状態になります。便秘がひどくなると、腹痛が起ることもあります。

特に黄体ホルモンによる便秘は弛緩性便秘の場合が多く、ガスが溜まって腹痛を起こすこともあるのです。妊娠中には下剤を勝手に飲むのもおすすめできません。

黄体ホルモンの影響のための便秘は、体内に水分を溜め込むため便からも水分が吸収されてしまって硬くなっているので、水分を多く摂るようにしましょう。

そして妊娠後期になると今度は胎児が大きくなるために腸を圧迫して、腸の動きを悪くしたりして便秘を起してしまいます。

おもったよりママの内臓はいろいろ赤ちゃんのスペースによって狭い思いをしているはずです。

しかし、逆に便秘をしてしまうと赤ちゃんも狭くなって辛い思いをしているのです。

というのも便の量だけでなく、どうしてもガスが充満するので、そのガスで今度は赤ちゃんと押し合いになってしまうのです。

便秘を解消したときには、多分赤ちゃんはもし言葉が言えたなら、「あ~広くなった~すっきりしたな~」と言うことでしょう。

そしてもちろん便秘をすれば毒素を出すのでそれが血液に吸収され、また体中を回るわけですから、ママの体にも赤ちゃんにも回り回っていいことは1つもないのです。

早く便秘の予防と解消を考えるようにしましょう。

そこで水分を多めに摂ることも必要ですが、他には水溶性の植物繊維をたくさん摂取すると便秘解消になります

水溶性植物繊維はゼリーのようになって腸内に入り、便と一緒につるんと出してくれます。

腸内の動きが悪くなっているときには、芋やゴボウのような不溶性植物繊維は逆効果になるので注意しましょう。

ちなみに水溶性植物繊維は海藻やコンニャク、きのこ、ぬるぬる野菜、プルーン、バナナ、トマトなどが豊富に含まれています。

妊娠後期の腹痛の多くが便秘のためなので、是非便秘予防に心掛けるようにしましょう。

もちろん妊娠後期は特に早産などの痛みもあるので、あまりにも強い痛みが来たときにはすぐに病院に行くという判断も必要になります。


妊婦の便秘解消法のいろいろ

妊娠中の女性の7割近くが便秘だというふうに言われています。つまり黄体ホルモン優位になっているので、妊娠中は体内に水分を溜め込もうという傾向があります。そのためにどうしても便秘がちになってしまうのです。

妊娠後期になってくると、赤ちゃんが大きくなってくるので腸を圧迫して便秘になります。

また運動不足なども便秘の原因の一つになります。このようにいろいろなことが重なって、妊婦は便秘になりやすいのです。

しかし、この状態は赤ちゃんにとっても良くないことなのです。まず腸内に便が溜まるとガスも発生します。腸内が膨れるので、赤ちゃんにとってはスペース的に狭くなってしまいます。

また便秘をすると便からの毒素が逆流して血中に入るので、結局赤ちゃんにも毒素が回ってしまうということにもなりかねません。

妊婦の便秘解消法として薬は使いたくないため、便秘をしないための努力が必要です。そこで、安全で赤ちゃんのためにもいい方法として、オリゴ糖を摂取するということがあります。

オリゴ糖は腸内環境を良くする乳酸菌などの餌になります。ヨーグルトなどと一緒に飲むとより効果が高くなります。

他に玄米食もおすすめです。植物繊維が豊富なうえビタミンも豊富なので便秘にも赤ちゃんにもおすすめです。

オリーブオイルも便秘解消効果があるので、お料理にはオリーブオイルを使うようにしましょう。

朝の一杯の白湯もおすすめです。朝一番に体をあたため代謝を上げることで腸の動きも活発になります。

また軽い運動は是非行いたいものです。妊娠中はやはり激しい運動などは無理ですが、妊婦用のヨガや水中妊娠体操などもあります

散歩気分でウオーキングは妊婦にはおすすめの運動です。毎日続けるようにするといいのではないでしょうか。

どうしても何をやっても便秘が改善されない場合は病院に相談に行き、妊娠中でも副作用の少ない薬を処方してもらいましょう。

そしてとりあえず薬を飲んで便秘を解消しますが、そうなった場合は徹底的に便秘にならないような予防を考えてみることも大切になります。

毎日の食事、水分、運動などいろいろな面から改善してみましょう

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)