市販薬で揃える便秘薬

便秘に頻繁になってしまう人もいます。まず大切なことは自力で便秘を解消することですが、どうしても便秘になってしまうという人もいるようです。まず食事を考え、運動や睡眠など生活習慣もよく見直すことが大切です。その上でどうしても便秘でつらいことがあったら、やっぱり薬も必要になります。そんなときにはわざわざ病院に行って処方してもらうのも面倒臭いと思ってしまいそうです。今は市販薬でも質の良い便秘薬も出回っているので、市販薬の中から便秘薬を購入して置いてもいいのではないでしょうか。置き薬的に準備しておくこともおすすめです。

そこで常備薬としての便秘薬なら2つの種類は必要だと思います。便秘がちな人は特に同じタイプの便秘になりやすいという傾向があります。大きくわけて肛門の近くに溜まっているものと、もう少し上の方に溜まっているものとがあり、それによって便秘薬も違います。このタイプが合わないと逆にまったく効かないということも起こってしまいます。

そこでまず肛門付近で溜まっているものを改善するために、浣腸や座薬を市販薬で用意しましょう。薬の刺激に弱いタイプの人は座薬の方がソフトに効果があるので座薬がおすすめです。そしてもう一つは腸のぜん動運動を刺激するタイプの便秘薬も準備しておきましょう。こちらも刺激に弱い人は酸化マグネシウム系のものがおすすめです。この2つがあればほとんどの便秘に対応できるはずです。

しかし便秘薬はどれも副作用があり、特に習慣性のあるものは自力での排便ができなくなり、薬もだんだん効かなくなってしまいます。それらを考えると市販薬として簡単に手に入りやすくても、薬は極力使用しないようにしたいものです。特に副作用がとても少ないものは、ガスを発生する座薬系のものとなります。これは炭酸ガスでお腹に刺激を与えるものなので、副作用は弱くなりますが体への負担もとても優しいと感じるはずです。また肛門付近の便秘の場合の方が効果があるようです。


酸化マグネシウムタイプの市販便秘薬について

酸化マグネシウムは多くの市販便秘薬にも使われています。酸化マグネシウムは昭和25年に日本医薬品の認定が行われたもので、もう60年以上便秘薬の成分として使われています。でもこの酸化マグネシウム配合の便秘薬を医師から処方された患者が、死亡してしまったということが起こったのです。今まで安心して使っていた人もちょっと不安になった人もいるかも知れません。ただし、60年間約4,500万人以上が使用している薬剤なので、安全性はとても高いとも言えるようです。今回の事故は80代と70代の男女の死亡でしたが、直接酸化マグネシウムが原因とは言い切れていないのだそうです。

酸化マグネシウムの便秘薬としての作用は、腸内の水分量を高めるというものがあります。そのために便が軟らかくなるので下痢状態になります。腸のぜん動運動を刺激するタイプなどがある中で、腹痛などが少ないタイプとしても人気があります。口から入った食物は胃や小腸で消化されて吸収されます。そこで消化吸収されなかったものが大腸へ移動していき、便となって排出されます。そのときに便は随分を吸収しながら、ある程度の固さになって下へ移動していきます。しかし便の水分が少ないと実際にはとても硬い便になり、ポロポロの便になってしまいます。そんな状態の便に水分を吸収させることができるので、下痢が起こってすっきり出してくれるというわけです。

腸のぜん動運動を促進するタイプと違うので、腸の筋力が衰える心配が少ないという利点があります。酸化マグネシウムは刺激が少なく、体内吸収もされにくい成分なので妊婦にもおすすめの便秘薬とも言えそうです。習慣性も比較的少ないので効かなくなることも少なく、多くの人気便秘薬に使われています。

酸化マグネシウム配合の便秘薬は市販薬としても購入でき、また病院の処方としても使われています。しかしすべての便秘に効果があるということはありません。例えば腸内の便は腸内水分の増加で下痢状態のように緩くなって排出準備ができます。しかし、もし肛門付近で硬く大きくなった便が詰っていたとすると腹痛だけで便秘解消までは難しいということもあります。そのため便秘が重いようなら、酸化マグネシウム系の便秘薬を飲んでから浣腸や座薬で肛門付近の詰った便をなくしてしまうという、二重に便秘薬を使うことが必要になることもあります


便秘薬・人気おすすめランキング

便秘薬には市販のものだけでも、相当数のものが、さまざまなメーカーから出まわっています。その中でも人気のあるおすすめランキングを見てみると、やはり多くの人が支持をしているものが見えてきます。どのような便秘薬を多くの人が使っているのか、人気ランキングのトップクラスはどのようなタイプの便秘薬なのでしょう。その辺をもう少しまとめてみたいと思います。

ただし人気があるからといって、その人に合うとは言い切れません。合わないタイプの便秘薬を飲んで腹痛だけ感じ、排便がなかったということもあります。そのためはやり自分の便秘にあったタイプの便秘薬が必要になるので、その上で人気のある便秘薬を見てみましょう。

やはり人気ランキング1位のタイプは、便意のない人におすすめの弛緩性便秘に効果のあるタイプです。また生理前にも起こる、弛緩性便秘の場合は女性の便秘の殆どを占めています。そのため弛緩性に効果のある刺激性便秘薬が一番人気です。ビサコジルやセンナ、大黄などが含まれている刺激性下剤商品が人気ランキングのトップとなっています。

ただしこのタイプは副作用として腹痛に襲われることがあります。また刺激性の便秘薬は痙攣性便秘には逆効果になることもあり、男性は得に痙攣性便秘が多いので注意しましょう。痙攣性の便秘は腸が活発に動くことにもなり、それに刺激性下剤を飲むとより下痢が激しくなることもあります。それでも数からは男性より女性の便秘の方が圧倒的に多いので、人気ランキングのトップクラスはどれも刺激性便秘薬が占めています

またランクは落ちますが確実に人気があるのが、酸化マグネシウム配合のマグネシウム系の下剤です。女性の場合、直腸に溜まって硬くなって出口を塞ぐという便秘も多くあります。特に便意を感じたときに我慢してしまうという女性も多くいるためです。そのためマグネシウム系の便秘薬も人気ランキングにはいつも登場しています。ただし、数的に刺激性便秘薬より少ないのでランキングは低くなっているようです。


便秘薬の人気ランキングのご紹介

便秘薬にはいろいろな種類がありますが、特に人気ランキングでの高い順位から見えてくることがあります。やはり効果が高いもの、そして次に価格が安いもの、そして副作用が少ないものということになるようです。もちろん便秘の原因によって、便秘薬を合わせることで効果が出るので、いちがいにランキングのトップクラスの便秘薬が絶対に自分に合うとは言い切れません。

ランキングトップクラスの代表的な便秘薬のご紹介とそのタイプのご紹介をしましょう。まず「ビューラック400」のご紹介です。1日1回3錠で400錠入、最安値なら700円代ということで低価格の面はクリアしています。またタイプとしては腸のぜん動運動を刺激するもので、大黄やセンナなどが主成分になっています。腸の動きが弱っている人におすすめのタイプです。



ビューラックAビサゴジルという成分によって、腸の運動を刺激していきます。特にプロゲステロンの分泌による、生理前の便秘などに効果のある便秘薬です。吐き気や腹痛が起こることもあるので、長期間の使用は避けるようにしましょう。

次にとても穏やかなファイバー効果の「ウィズワンエル」も、どの人気ランキングでもトップクラスに出てくるものです。食物繊維と乳酸菌などが主成分で生薬成分も含まれています。とても穏やかに便秘解消できるので体へのダメージも少なく人気の高いタイプです。成人で1日3回1包ずつ、1~7日で改善が見られます。90包で最安値3500円前後となり、ちょっと価格は高めになっていますが、その効果と安全性が人気です。

もう一つ人気ランキングトップに位置している便秘薬が「スルーラック」です。これもビューラックのように、腸のぜん動運動を高めるタイプの便秘薬です。しかし腸の違う位置を刺激するので、いろいろなタイプの便秘に対応できるという魅力があります。1日1回、1~3錠で240錠入、最安値で約2000円弱となっています。



有効成分はセンナで、腸のぜん動運動を強く刺激します。服用から9時間後に効果が出ると言われていますが、人によっては刺激が強く腹痛が起こることも。また腸の状態は使うほど機能を落とすので習慣性があるので、長期間使わないようにしましょう。また腸壁を黒くし、機能を低下させてしまうことにもなるので使い過ぎは危険です。

ミルマグは錠剤と液体タイプがありますが、ミルマグの効果には酸化マグネシウムの働きが関係していると言われています。腸内に水分を増やすことで、便が軟らかくなり排出していきます。しかし高マグネシウム血症のリスクが高まり、それによって倦怠感、嘔吐、腹痛、筋肉力の低下などがあります。服用してこのような副作用を感じたらストップするようにしましょう。



以上、これだけでなく人気の高い便秘薬はまだまだありますが、ここに挙げた3つの便秘薬は特に人気が高いようです。やはり少々強い成分でも、効果が第一という人が多いことも見えてきます。しかし、その反面ソフトで体の負担の少ない、腹痛の少ないタイプもまた人気があります。便秘はそれぞれの人によってタイプが違うため、求める便秘薬のタイプもそれぞれということになりそうです。


市販の便秘薬の口コミを見てみよう

市販の便秘薬の口コミを見てみると、便秘薬を使って簡単に便秘解消ができたことの喜びの声がたくさん寄せられています。それだけ苦しい便秘をしていたことは察することはできますが、やはり危険を知っていて使って欲しいと思います。「お気に入りの便秘薬で毎日スッキリ」なんていう口コミがあっても、決してマネしないようにしましょう。また、ときどき見られる口コミの中には、飲んだ次の日の腹痛がひどかったという場合や、腹痛だけあって便秘の解消に至らなかったというものもあります。確かにその人の便秘の状態によっては、下剤の種類が合わなかったという場合もあるようです。タイプが合わなければどんな強い下剤でも便秘解消効果は見られません。

例えば肛門のすぐ近くで大きく硬く固まってしまっているような直腸性便秘なら、腸のぜん動運動を行う下剤をいくら飲んでも、腹痛ばかりで便秘解消しないこともあります。例えばこのような直腸性便秘なら、肛門付近の腸に刺激と水分を与える浣腸や座薬のようなものが良かったりもします。逆に大腸の筋力が弱ってしまい腸のぜん動運動ができないための便秘なのに、浣腸をしても下痢がしたくなるだけで浣腸の水分薬剤だけが出てしまい、便秘はまったく改善されず不快な気分だけ味わったということもあります。

このように便秘の種類や場所、市販の便秘薬の役割が症状と合っていないと、ただ腹痛で苦しいだけの結果となってしまいます。自分の便秘と合った市販便秘薬を選択しましょう。しかしピッタリ合って便秘解消が楽にできたとしても、それはあくまでも体を痛めているということも忘れないようにしたいものです。便秘薬を飲むより、野菜を食べた方がずっと健康的に便秘解消をまず優先。ただ実際には野菜を食べるだけでなく睡眠を十分取ったり、適度な運動を行うなど総合的な改善が必要になる場合もあります。しかしそれは便秘解消だけでなく健康のためでもあるのです。便秘は健康のバロメーターと考えるようにするといいのではないでしょうか。


市販の便秘薬なら座薬

市販の便秘薬の中で一番副作用が少なく、即効性の高い便秘薬が座薬ではないでしょうか。肛門から注入するタイプで刺激が優しいので、赤ちゃんや老人でもおすすめです。吐き気のある人などは飲む薬より楽に使用できるのも便利です。

座薬は慣れるまでは自分で入れにくいため敬遠されやすいようです。慣れていない場合は、注入時の体制を変えてみたり、オリーブオイルを座薬につけて入れてみましょう。少々慣れるまで難しくても浣腸と比べてると刺激も優しく便秘を解消してくれます

座薬と同じように肛門から注入する便秘薬に浣腸があります。しかし浣腸は刺激が強いため、数秒で刺激に耐えられずに薬だけ出してしまうこともあります。座薬はそのようなこともなくやんわりとした刺激で、しっかり解消してくれるのです。

市販の座薬にもタイプがあります。まず直腸でガスを出していき排便しやすくするタイプのものがあります。また別のタイプでは大腸の粘膜を刺激する薬剤が入っていて、便の滑りを良くしながら排便させるものもあります。どちらも効果を感じるまでの時間は最短で10分、長くても1時間で表れるのもうれしい効果です。

このようにタイプがあるので、自分に合う市販の座薬を選ぶときには、どの部分の詰まりが原因なのかで使う座薬を選択しましょう。医師の処方ではなく市販の便秘薬なら座薬がおすすめですが、種類は自分の便秘の状態によって薬屋さんに相談するといいかも知れません。

またメリットとして、炭酸ガスによって便秘解消するタイプの座薬なら副作用もほとんどなく、妊娠中にも安心して使うことができます。特に妊娠中には便秘で苦しくなることも多いのでおすすめです。また口から入れて胃を通って腸に行く経口タイプより、座薬の方が不必要な部分に不要な刺激を与えなくて済みます。

便秘薬はもちろん癖になってしまいがちなので排便力はとても重要です。しかし便秘になってしまいお腹が膨れたり、腹痛があるようなときにはとにかく出すことを考えることも必要です。そんなときには座薬タイプが一番おすすめです。妊娠中でも安心して使用できる座薬ですが、痔や子宮筋腫、卵巣腫瘍を持っている場合は医師の相談が必要になります。


便秘のための座薬をはじめとする市販薬

便秘になるとやっぱり下剤に頼りたくなります。そんなときにすぐに手に入るのが市販薬ではないでしょうか。いまや、どれを選んでいいか分からないほどの下剤の種類が市販で販売されています。そして座薬タイプや経口タイプなど、その人に向いているものを選ぶことができます。

まず天然成分で穏やかな作用であるものは、副作用も少ないと言われています。また自分にあった量の調整ができるものは、使いやすいのではないでしょうか。そして当然自分でも注意して長期間使うことがないようにすべきですが、もともと習慣性があるものは避けたいものです。また、使ったときに腹痛があるなど、自分に合わないものは避けていきましょう。

効き目も強いから良いというものではありません。強すぎることで下痢がひどく腹痛も強くなることもあります。そのまま使い続けることは絶対に避けたいものです。だからこそ自然成分の穏やかタイプがおすすめとも言えます。下剤の強いものの使いすぐ、また普通の下剤であっても長期使用によって、便秘ではなく排便障害という病気になってしまうこともあるのです。

また便秘の種類によっておすすめの下剤タイプもあります。それら詳しいことを知らない人は薬屋さんで自分の状態を伝えて、それにあったものを教えてもらうのもいいでしょう。種類が多いだけ、それぞれの便秘のタイプに合う下剤、合わない下剤もあります。その上、自分の体質とも相性があるということも知って起きましょう。


座薬の市販薬について

市販薬にも座薬がたくさん出まわっています。そんな商品の種類をピックアップしてご紹介しましょう。

まず最初にご紹介するのはコーラック座薬ですが、とてもポピュラーなタイプの座薬です。炭酸ガスが発生して直腸に直接影響を与えてくれます。穏やかなに効果が表れるタイプで薬10~30分程度で効果が感じられます。副作用は下痢や残便感、また使用した後に息苦しさや顔蒼白などが起こったら、すぐに医師に相談するようにしましょう。炭酸水素ナトリウムや無水リン酸二水素ナトリウムなどが腸の働きを強めます



次は新レシカルボン座剤Sのご紹介です。成分は炭酸水素ナトリウム、無水リン酸二水素ナトリウムなどが主成分で、炭酸ガスの発生によって腸の運動を刺激していきます。添加物には軽質無水ケイ酸、大豆レシチン、ハードファットなどが含まれているとのこと。


大木製薬から発売されているベンツナール座薬は注入して約5分後には効果が表れると言われています。特に頑固な便秘におすすめの座薬として人気があります。座薬のため胃腸の弱い人にもおすすめです。成分はビサコジル、添加物はハードファットとなっており、常習性が弱いタイプと言われています。


妊婦でも安心して使用できる市販の便秘薬

初期段階の妊婦の便秘はホルモンのバランスによるものです。黄体ホルモンが優位になっているため、水分を普段より多く体内に溜め込もうとします。それによって水分が不足すると、腸内び水分吸収によって便秘が起こりやすくなります。妊婦でなくても排卵日から生理の直前までは同じ状態なので便秘しやすくなります。そして後、期段階の妊婦の場合になると、子宮内の赤ちゃんがだんだん大きくなります。8ヶ月ぐらいになると急激に大きくなり、腸を圧迫することが原因で便秘になりやすくなります。このように妊婦は出産するまでずっと便秘のリスクが高い状態にいるのです。

もちろんそのためには、便秘にならないような食事や運動をするべきですが、やはりつわりがひどいと思ったようなものが食べられないこともあります。運動もつい今までのようにはできなくなります。そんな条件が重なるため、妊婦の便秘がひどくなることもあります。そんなときは市販でも手に入る便秘薬で解消することもできます。妊婦でも安心して使える便秘薬というと座薬で、炭酸ガスを発生させ腸内を刺激するタイプがあります。このタイプは市販の座薬としても購入できるので薬屋さんに聞けば選んでくれるはずです。また酸化マグネシウムの使われている便秘薬も、腸を刺激するものではないので体に優しく、体内吸収もされにくいので、妊娠中にはおすすめと言われています。腸内の水分を増やすので、便を緩くして排出しやすくしてくれます。

しかし、できれば自然の排便ができることが一番いいわけで、そのためには例えばオリゴ糖などもおすすめです。オリゴ糖は腸内の善玉菌の栄養素となるので、善玉菌の代表とも言える乳酸菌の豊富なヨーグルトとオリゴ糖をセットで摂取すると、より便秘解消になり、赤ちゃんにもうれしい栄養素です。他にもキノコや海藻をできるだけ多めに摂るようにしましょう。妊娠中必要なビタミンやミネラルも豊富なキノコや海藻は、便秘にもとても効果があります。便秘かなと思ったらキノコや海藻を数日分と思える量を1日で食べてみましょう。大体の便秘は次の日か、その次の日には確実に解消することがほとんどです。それでも駄目なら座薬系の市販便秘薬を使うのもいいのではないでしょうか。不安なら医師に相談することもおすすめです。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)